ノン結露のメカニズム


結露が発生するメカニズム

この取り残された水分が集まり「結露」となります。

ノン結露の結露防止メカニズム

結露の原因

結露発生の仕組み 結露の原因となる空気中の水分は、熱エネルギーを持ち、温度の高いところから低いところへと移動をしていきます。

熱エネルギーを持った空気中の水分が壁面や天井、エアコンの吹き出し口など、周辺環境より温度の低い箇所へ到達すると、熱エネルギーは伝導して逃げていきますが、水分は構造体を通過できず、表面に取り残されてしまいます。

ノン結露は断熱をすることで熱エネルギーの損失を抑え、その熱エネルギーを利用し、構造体表面に到達した水分を効果的に吸放出コントロールすることで、結露の発生を抑えます。

 

ノン結露の結露防止効果

ノン結露は断熱をすることで熱エネルギーの損失を抑え、その熱エネルギーを利用し、構造体表面に到達した水分を効果的に吸放出コントロールすることで、結露の発生を抑えます。